« 亀田効果でT-BOLANが再注目! | トップページ | 日本まさかの初戦惨敗…。 »

2006年6月11日 (日)

ワールドカップ感想その1。

さぁ。いよいよW杯。開催しましたね。
開会式は、ペレが全く変わってなく、マラドーナがドタキャンしたのは印象的でした。

まずはA組。ドイツVSコスタリカ。
4-2という結果でした。
ドイツは開催国だけあって、スーパーゴール連発!!
しかしコスタリカに簡単にDFを突破されるなど弱点も連発!!
でも得点力があるので、期待できます。

で、さっき行われたB組のイングランドVSパラグアイ。
ベッカムのFKがやはりこの試合を決定付けたわけですが、
全体的にかなり厳しい試合。1-0でした。
こないだの日本VSマルタを思わせるような展開でした。

今後の近日注目試合としては、
11日、C組のオランダVSセルビアモンテネグロ。
D組のメキシコVSイラン。

そして12日の日本VSオーストラリア。
同日E組のアメリカVSチェコ。

13日にはお隣韓国VSトーゴ。
同日H組のスペインVSウクライナなど。

さぁ。今のところ、優勝候補のドイツ、イングランドは順調に勝ち点3をGETしています。
番狂わせはあるのか!?

これから連日繰り広げられる試合。
楽しみですね。

|

« 亀田効果でT-BOLANが再注目! | トップページ | 日本まさかの初戦惨敗…。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42464/2163433

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ感想その1。:

« 亀田効果でT-BOLANが再注目! | トップページ | 日本まさかの初戦惨敗…。 »