« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月23日 (金)

日本残念!!

さきほどW杯F組グループリーグ最終戦、
日本VSブラジル終了しました。

4-1で日本完敗です…。

あぁぁ~!!まずは何から書こう…。

まず今回の試合。日本が決勝Tに進むために必要だった条件
★ブラジルに2点差以上で勝利
★オーストラリアの敗北
でした。

最初にクロアチアがオーストラリアから1点先制していて、
日本がブラジルから先制したとき、
「おっ!?もしかしたらこれは!?」って思ったんだけど…

……。

もし、日本が2点差以上で勝ったとしても、
クロアチアVSオーストラリア結果引き分けだったし…。

はぁ~…。残念っ!!

しかし、4-1という結果。
もうちょっと接戦するかと思ったけどねぇー。
やはりブラジルは強かった。バケモンだ。

途中でカカ、ロナウジーニョ、更にキーパーまで交代した時は、
完全になめられ状態。
さらにそれでもボールが取れない日本。

これは見たくなかったかな。

試合後がっくりうなだれる選手。
中田英においては、ピッチからしばらく立ち上がれない状態。

…朝から見事にブルーにさせてくれてありがとう。

これでジーコJAPANの4年間は幕を閉じますが、
4年間yuwlightも応援してきました。
世界のサッカーの壁はまだまだ高いかもしれませんが、
これからの日本サッカーの益々の発展を願います。

日本よくやったぜ!ありがとう!!

| | トラックバック (1)

2006年6月22日 (木)

奇跡は起こるのか!?

さぁ。ついに明日です。
サッカーW杯日本対ブラジル。

決勝トーナメントに行くための条件は二つ。
★ブラジルに2点差以上で勝利
★オーストラリアの敗北

この条件。前者は実力しだいではありえますが、
後者は他人任せな条件。

ブラジルに2点差で勝つことも、思えばかなり難しいんですけど、
それ以上にオーストラリアが負けてもらわなければ、ブラジルに勝っても意味なし。

つまり運も必要なんです。
決勝Tにいくには。

さぁ。こんな奇跡が果たして起こるのか?
明日は注目の一戦です。

| | トラックバック (1)

2006年6月20日 (火)

日本の音楽シーンにありがちなこと。

サッカーW杯ネタが多かったので、
ちょっと雑談。

「日本の音楽シーンにありがちなこと。」

一応音楽サイトなので、音楽ネタも
CDランキング以外のこともやらなければなりませんね。

つーか、まともな音楽ネタって、ココログに変えてからやってないような気もするけど…。

…っまぁ…、まぁ。ちょっとした「エンタの神様」の芸人のネタみたいな話。
見てやって。

日本の音楽シーンにありがちなこと

  • 女性ミュージシャンは音楽性よりもアイドル性
  • 俳優がCDを出しても微妙な順位
  • 未だにラップは中高年に受け入れられない
  • ロックバンドのボーカルはバンド解散後、ソロとしてバラードに走る
  • 昨今アニメ関連の曲が異常に売れる
  • ミリオンヒットは大抵が失恋ソング
  • パクリ疑惑のある曲は曲全体大抵がダイアトニック(基本)コード
  • 変な歌詞でも話題性があれば売れる
  • 熱狂的ファンが多いアーティストは、1位を獲っても次の週に10位以下
  • 英語の発音が微妙
  • 純日本人アーティストより、他国アジア系出身アーティストの方が売れている
  • 一度売れると次の曲から大物ぶる
  • 下手でもビジュアルがよければ売れる
  • 低迷すると昔の曲のリメイクに走る
  • ベストアルバムをすぐリリース
  • キーが高ければいいという発想
  • 記憶より記録
  • ミュージシャンの前職がフリーター
  • 「作曲に挑戦しました」というアーティストは大抵が鼻歌作曲
  • 作詞作曲者のクレジットがなぜかローマ字
  • 春が近付くと「さくら」というタイトルを出したがる
  • W杯応援ソングは歌詞に「オーオーオー」と入る
  • W杯応援ソングはラテン調
  • ミュージシャンはフットサルチームによく入っている
  • 異様に結婚離婚歴が多い
  • バンドのボーカルは背が低い
  • 女性バンドはシャッフルビートを好む
  • 沖縄出身アーティストはウザイくらいに琉球音楽をアピールする
  • 大きなオーディションで選出されたアーティストは泣かず飛ばず
  • なぜか男性ミュージシャンはゲイが多い
  • なぜか男性ミュージシャンはシャブ中が多い
  • なぜか男性ミュージシャンは昔の不良だったぶりをアピール
  • 女性アーティストは過去の経歴をなかったことにする
  • 女性アーティストで頭がいいというのはあまり聞かない
  • 異性混合ユニットは恋愛の噂が囁かれる
  • ライブの際にファンが一番聴きたいサビの部分を客にふる
  • ライブの際にノリが悪いと金を払っている人たちにケンカ腰
  • ライブの際にギタリストは必ず一箇所ミスる
  • ヒップホップのグループの大抵はブサイク
  • ヒップホップのグループはMCがアメリカン口調
  • ヒップホップのグループは大抵が誰かしらをキモイほどリスペクト
  • ヒップホップのグループはメロディアス路線に変更するとヒットする
  • 演歌は時代錯誤の歌詞が多い
  • 演歌は年末になると脚光を浴びる
  • 演歌歌手はTVに出演の際、無駄に派手
  • ○○プロデュースは2,3年で大抵終了
  • バンドやユニットが再結成しても、すぐ活動休止
  • ノリのいい曲は1,2年で過去のもの
  • 最近は一発屋が粘りすぎ

どう?「あるある探検隊」でしょ?

| | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

日本が決勝Tに進むためには。

昨日の日本VSクロアチア。
日本は引き分けたことにより、次のブラジル戦は勝つ以外なくなりました。

現在の状況だと、決勝Tに行くにはかなり厳しい。
ある程度の運も味方につけなければいけない。
その最低条件とは…

ブラジルに2点差以上で勝利。

今のところ実力で日本ができるのはここまで。
あとは運に頼るしかない。

例えこの最低条件をクリアしたとしても…

  • オーストラリアがクロアチアに勝利
  • オーストラリアとクロアチアが引き分け
  • クロアチアがオーストラリアに2点差以上をつけて勝利

されてしまったら、この時点で日本敗退決定。

一番の理想はこうだ。

★日本2-0ブラジル
★オーストラリア0-1クロアチア

この結果で、日本はギリギリ決勝T進出ができる。

しかし例え決勝T進出したとしても、初戦はE組の1位。
イタリア、チェコ、ガーナ、アメリカといった強豪チームばかりの組の1位と対戦することとなる。

さぁ。一体日本の運命はどうなるのか。

ちなみにクロアチアVSオーストラリアのキックオフも、日本VSブラジルと同じ時間
日本を応援しつつ、クロアチアも心の隅でちょっと応援しよう。

「ドルトムントの奇跡」は起こるのか!?

あわただしい金曜の朝を迎えそうだ。

| | トラックバック (0)

日本VSクロアチアドロー。最後に奇跡は起こるのか!!

さぁ。日本W杯第2戦。日本VSクロアチア
試合終了しました。

結果は0-0の引き分け

これにより、次の試合のブラジル戦は勝つ以外に
グループリーグ突破の可能性はありえないことになりました。

負けるよりは良かったけど、追い詰められました。日本。

更に、同じグループ内の他国の試合結果も大きく影響されます。

今回も日本のFWの活躍というものが、なかったように思えます。
弱点=FW。

次のブラジル戦。最強のチームに日本は勝利を挙げることが出来るのか!?

まだ可能性はあるぞ!!

(川口のPKセーブ。すごすぎ…。)

| | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

ワールドカップ感想その2

ここ数日間の感想。

日本敗戦の次に行われた試合。E組アメリカVSチェコ。
強豪同士の対決だったけど、チェコが3-0と圧倒的勝利。
やっぱり強い!

G組韓国VSトーゴ。
最初はトーゴが先制したものの、韓国が逆転。
アンジョンファンのミドルシュートは圧巻。

G組フランスVSスイス。
ジダン最終章となるW杯初戦だったけど、0-0の引き分け。

F組ブラジルVSクロアチア
調子が良かったブラジルと調子の悪いクロアチアだったので、
ブラジルの圧勝かと思いきや、1-0の辛勝。
日本。これから大変かも。

H組スペインVSウクライナ
スペインが圧倒。4-0。
この試合のスペインの4点目の連携は、今のところW杯No.1プレイ。

A組ドイツVSポーランド
後半ロスタイムギリギリでドイツが得点。
エクアドルも勝ったことで、ドイツとエクアドルが決勝T進出!

B組イングランドVSトリニダードトバゴ
トリニダードトバゴ(言い難いな)が鉄壁の守備。
なかなかイングランドが得点できなかったが、後半終盤で立て続けに2点獲得!
イングランドも決勝T決定!

さぁ。まだまだ面白そうな組み合わせの試合がいっぱい。
グループリーグも中盤です!

| | トラックバック (0)

2006/6/19付CDランキングレビュー。

W杯ですっかり忘れていたCDランキングレビュー。
遅くなりましたが、どうぞ。

いつものように
いち個人のレビュー…つまり、結構毒づいた部分があるので、
そういうの嫌いな人やファンの人は見ないほうがよろしいです。

  • シングルランキングレビュー
  • アルバムランキングレビュー
  • 来週の注目曲

続きを読む "2006/6/19付CDランキングレビュー。"

| | トラックバック (2)

2006年6月13日 (火)

日本まさかの初戦惨敗…。

やっちゃった。
サッカーW杯。初戦日本VSオーストラリア。

後半の中盤まで1-0でリードしてたのに、一気に3点奪われた。

信じられない。

もうショックで試合終了後、ちょっと放心状態でした。

で、事前のyuwlight予想では1-1の同点で終わると踏んでいたんですが、
悪い方向にいってしまいましたね。

現在日本勝ち点0、得失点差-2という状況です。

さて、ここからクロアチア、ブラジル。
今日の負けのおかげで、もう負けるわけにはいかなくなりました。
あと2試合引き分けたとしても、多分決勝トーナメントまでいくのは無理。

さぁ。今こそ底力を見せてくれ!!
応援してるぞ!!

| | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

ワールドカップ感想その1。

さぁ。いよいよW杯。開催しましたね。
開会式は、ペレが全く変わってなく、マラドーナがドタキャンしたのは印象的でした。

まずはA組。ドイツVSコスタリカ。
4-2という結果でした。
ドイツは開催国だけあって、スーパーゴール連発!!
しかしコスタリカに簡単にDFを突破されるなど弱点も連発!!
でも得点力があるので、期待できます。

で、さっき行われたB組のイングランドVSパラグアイ。
ベッカムのFKがやはりこの試合を決定付けたわけですが、
全体的にかなり厳しい試合。1-0でした。
こないだの日本VSマルタを思わせるような展開でした。

今後の近日注目試合としては、
11日、C組のオランダVSセルビアモンテネグロ。
D組のメキシコVSイラン。

そして12日の日本VSオーストラリア。
同日E組のアメリカVSチェコ。

13日にはお隣韓国VSトーゴ。
同日H組のスペインVSウクライナなど。

さぁ。今のところ、優勝候補のドイツ、イングランドは順調に勝ち点3をGETしています。
番狂わせはあるのか!?

これから連日繰り広げられる試合。
楽しみですね。

| | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

亀田効果でT-BOLANが再注目!

先日の亀田3兄弟の二男、亀田大毅選手が勝利後にいつものように披露した歌。
今回は懐かしいあのT-BOLANの曲。

なぜ17歳でT-BOLAN、しかもシングル曲でない「Heart of Gold」なんて
マニアックな曲を知っているのか謎だが、(多分オヤジの影響だろう)
とにかくこのことでT-BOLANが再注目されることに。

10代、20代の女性ファンは「?」だったそうだが、
T-BOLANてそんな過去のバンドになっちゃったのかよ…。

亀田次男の歌声はともかく、次の試合でもT-BOLANの曲を披露するそうだ。
今のナンパなJ-POPに昔はこんな曲があったんだよと若者の橋渡しになってくれそう。

| | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

2006/6/12付CDランキングレビュー。

4分休符ってずっと見てると、う○こが半分になったみたいに見えてくる。

というわけで、今週のCDランキングから楽曲レビューです。

いつものように
いち個人のレビュー…つまり、結構毒づいた部分があるので、
そういうの嫌いな人やファンの人は見ないほうがよろしいです。

  • シングルランキングレビュー
  • アルバムランキングレビュー
  • 来週の注目曲

続きを読む "2006/6/12付CDランキングレビュー。"

| | トラックバック (4)

2006年6月 6日 (火)

サプライズ!

今日かなり驚きの出来事がありました。

妹が結婚します!

しかも夕方聞いて、その1時間後に彼氏があいさつに。

ビックリしたべ!!

妹が結婚かぁ…。
24歳独身の夏先の出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006サッカーワールドカップ結果予想!

さて。サッカーW杯までもうすぐです。

今回の日本の活躍については、賛否両論
ニュースなどのサッカーコメンテーターはかなり強気発言。
しかし、巷ではそれと逆に弱気発言。
こないだのマルタ戦の中田英は、自身結構いい加減なパスが多かったのに、
試合後かなり客観的で、超否定的なインタビュー。
…選手がそんなんでどうするの。

で、当然ながらこの時期になると、
普段サッカーファンでなくとも盛り上がってしまう、にわかファンも急増。
大抵が「注目の選手は?」と聞かれると「巻選手!」と答えてしまう模様。
そしてちょっと選手がコケただけで
「今のファウルだろー!」といまいちファウルの基準を理解していない模様です。
多分、オフサイドもよくわかってないと思います。

まー、そんなことは置いておいて、私yuwlight。
W杯も近付いてきたことですし、
独断で日本代表の結果予想をしてみたいと思います。

個人的にはこうなるんじゃないかと思いますよ。

【グループリーグ】
初戦:VSオーストラリア
結果1-1で引き分け。

第二戦:VSクロアチア
結果2-1で日本勝利!辛勝。

第三戦:VSブラジル
結果3-1で日本敗北。

最終的に勝ち点4。
オーストラリアは勝ち点4。
クロアチアは勝ち点0。
ブラジルは勝ち点9。
で、得失点差で日本何とか決勝トーナメント進出…。

みたいな。

とにかくギリギリでリーグ突破って感じがしてならない。
勝ち点4でリーグ終わるというのが個人的予想。

で、何となくですが、優勝はブラジルじゃないような気がします。
確かに、前回に比べてかなり最強メンバーくさいですが、
そんなに上手くいくとも思えないし、サッカーはなにが起きるかわからない。
あのロナウジーニョだって、テストマッチの時にコーナーキックミスってた。
というわけで、イングランドが今回優勝するんではないかと、予想しておきます。

というわけで、この予想。
W杯が始まり次第、リアルタイムで予想と結果を検証していきたいです。

ポイントは

  • 日本はギリギリでリーグ突破
  • リーグでの勝ち点は4
  • 優勝はイングランド

もし当たってたら、拍手でもしてくださいな。

あ、あと、こういう個人予想を真に受ける人ってたまにいるんですよ。
あくまでガキの時にサッカーやってた元ハナタレ小僧の予想なんで、
いちいち真に受けないようにネ♪

いよいよW杯本番。楽しみです。

| | トラックバック (7)

2006年6月 1日 (木)

2006/6/5付CDランキングレビュー。

「ドレミファソラシ」が漢字表記だったら。
「怒霊魅腐蘇羅死」…。

というわけで、今週のCDランキングからの楽曲レビューです。

いつものように
いち個人のレビュー…つまり、結構毒づいた部分があるので、
そういうの嫌いな人やファンの人は見ないほうがよろしいです。

  • シングルランキングレビュー
  • アルバムランキングレビュー
  • 来週の注目曲

続きを読む "2006/6/5付CDランキングレビュー。"

| | トラックバック (0)

「MOTHER3」をクリア!

M3




久々。ホント久々

新作ゲームを発売1ヶ月ちょっとでクリアするって久々。

というわけで、GBアドバンス「MOTHER3」をクリアしました。

結構有名なゲームだと思いますが、このMOTHER3。
なんと!前作が12年前(スーパーファミコン)!!
当時12歳の自分が現在24歳ですから、人生の半分待たされたわけ。
このゲームの続編。

12年待った続編だけど、何ともスーファミ世代には嬉しい2Dグラフィック。
ほとんど前作と変わりのない、違和感のない感じでした。

で、これRPGなんだけど、新たに戦闘に嬉しい機能が追加。
サウンドバトル」と言うそうだけど、
バックのBGMに合わせてボタンを押すことで、攻撃の際コンボが可能。

音楽バカにはなんともラッキーな機能。
余裕でコンボ。
おかげでこのゲーム。ちょっと有利でした。

そして、面白いネーミングも。
ゲーム中、「マジプシー」という一族が出てくるのだけれども、
その一族の名前の元ネタ。
これ、音楽理論知ってる人ならすぐわかっただろうね。

そう。モードの名称。
イオニアン、ドリアン、フリージアン、リディアン、ミクソリディアン、エオリアン、ロクリアン。
まさか「MOTHER」シリーズでこれが出てくるとは思わなかった…。
ちなみにマジプシーって、ジプシー音階からかな?
逆に最初に「マジプシーは七人いる」と聞いたときに、
おおよそのネーミングが見えてきちゃったのが、
ちょっとガッカリ。

で、その中のミクソリディアン。
自分も最初聞いたときに「ミクソリディアンて…。」という、
一風変わったネーミングに心打たれたんですけど、
ゲーム中でも、ミクソリディアンはネタにされてました。(笑)

で、やはりMOTHER。糸井重里さんは期待を裏切らない。
ゲームの終盤はMOTHERファンならたまらないことになっています。

というわけで、クリアしました。「MOTHER3」。
プレイ時間は20時間程度で、DSでもプレイ可能。
前作のキャッチフレーズ、「大人も子供もおねーさんも。」の
自分も含め、子供だった人。

久々にゲームやってみませんか?

| | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »