« 日本が決勝Tに進むためには。 | トップページ | 奇跡は起こるのか!? »

2006年6月20日 (火)

日本の音楽シーンにありがちなこと。

サッカーW杯ネタが多かったので、
ちょっと雑談。

「日本の音楽シーンにありがちなこと。」

一応音楽サイトなので、音楽ネタも
CDランキング以外のこともやらなければなりませんね。

つーか、まともな音楽ネタって、ココログに変えてからやってないような気もするけど…。

…っまぁ…、まぁ。ちょっとした「エンタの神様」の芸人のネタみたいな話。
見てやって。

日本の音楽シーンにありがちなこと

  • 女性ミュージシャンは音楽性よりもアイドル性
  • 俳優がCDを出しても微妙な順位
  • 未だにラップは中高年に受け入れられない
  • ロックバンドのボーカルはバンド解散後、ソロとしてバラードに走る
  • 昨今アニメ関連の曲が異常に売れる
  • ミリオンヒットは大抵が失恋ソング
  • パクリ疑惑のある曲は曲全体大抵がダイアトニック(基本)コード
  • 変な歌詞でも話題性があれば売れる
  • 熱狂的ファンが多いアーティストは、1位を獲っても次の週に10位以下
  • 英語の発音が微妙
  • 純日本人アーティストより、他国アジア系出身アーティストの方が売れている
  • 一度売れると次の曲から大物ぶる
  • 下手でもビジュアルがよければ売れる
  • 低迷すると昔の曲のリメイクに走る
  • ベストアルバムをすぐリリース
  • キーが高ければいいという発想
  • 記憶より記録
  • ミュージシャンの前職がフリーター
  • 「作曲に挑戦しました」というアーティストは大抵が鼻歌作曲
  • 作詞作曲者のクレジットがなぜかローマ字
  • 春が近付くと「さくら」というタイトルを出したがる
  • W杯応援ソングは歌詞に「オーオーオー」と入る
  • W杯応援ソングはラテン調
  • ミュージシャンはフットサルチームによく入っている
  • 異様に結婚離婚歴が多い
  • バンドのボーカルは背が低い
  • 女性バンドはシャッフルビートを好む
  • 沖縄出身アーティストはウザイくらいに琉球音楽をアピールする
  • 大きなオーディションで選出されたアーティストは泣かず飛ばず
  • なぜか男性ミュージシャンはゲイが多い
  • なぜか男性ミュージシャンはシャブ中が多い
  • なぜか男性ミュージシャンは昔の不良だったぶりをアピール
  • 女性アーティストは過去の経歴をなかったことにする
  • 女性アーティストで頭がいいというのはあまり聞かない
  • 異性混合ユニットは恋愛の噂が囁かれる
  • ライブの際にファンが一番聴きたいサビの部分を客にふる
  • ライブの際にノリが悪いと金を払っている人たちにケンカ腰
  • ライブの際にギタリストは必ず一箇所ミスる
  • ヒップホップのグループの大抵はブサイク
  • ヒップホップのグループはMCがアメリカン口調
  • ヒップホップのグループは大抵が誰かしらをキモイほどリスペクト
  • ヒップホップのグループはメロディアス路線に変更するとヒットする
  • 演歌は時代錯誤の歌詞が多い
  • 演歌は年末になると脚光を浴びる
  • 演歌歌手はTVに出演の際、無駄に派手
  • ○○プロデュースは2,3年で大抵終了
  • バンドやユニットが再結成しても、すぐ活動休止
  • ノリのいい曲は1,2年で過去のもの
  • 最近は一発屋が粘りすぎ

どう?「あるある探検隊」でしょ?

|

« 日本が決勝Tに進むためには。 | トップページ | 奇跡は起こるのか!? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42464/2298338

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の音楽シーンにありがちなこと。:

« 日本が決勝Tに進むためには。 | トップページ | 奇跡は起こるのか!? »