« 2007年7月 | トップページ

2007年8月 9日 (木)

「R-Light sideB+」は本日より完全休止します。

本日を最後にこのBLOG「R-Light sideB+」及び「R-Light」は完全に休止します。
前も似たようなこと言ったけど、今回はマジで。

御覧頂きました皆様。いままで本当にありがとうございました。

そして長い間名乗ってきた「yuwlight」という名も本日限りで終了です。
寂しくなりますね…。

「ukkiy」という名前に変わってしまうのは!

というわけで、長年使ってきた「R-Light」を離れ、全く新しいBLOGを開始します。
なぜ「R-Light」を捨てるのか…?

前に記事に書きましたが、妹の子供の名前が「ライト」でかぶっちゃったからです。
もちろんこちらが先ですが、ここは譲ります。伯父として。

そして新しいBLOG。
タイトルとHMが変わったくらいで、大して新しいことも考えてないですが、
興味のある方はどうぞいらしてください。

こちらになります。
http://ukkiy.jugem.jp/

というわけで、ココログに変わってからの1年半。
本当にありがとうございました!

| | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

安倍総理は辞任するのかしないのか。

安倍内閣の支持率が22%だそうで。

いろいろあったからねぇ…この数ヶ月。

で今、安倍総理の辞任問題になっていますが、
今までの歴代総理はここまで支持率が得られない場合は辞任するのが定説だったそうです。
でも安倍総理は辞めない。

正直政治の事など詳しくはわかりませんが、
世間は「辞めるべき」という意見が「辞める必要は無い」より多いみたい。

でも安倍総理は辞めない。

党内からも退陣要求の声。

でも安倍総理は辞めない。

そんな安倍総理にピッタリの旬なギャグ。

「あ、そんなの関係ねぇー!!」

…てのは冗談で、ここまで言われて何故頑なに辞任しないのか。

なんか例えば、飲み屋とかで、
A「おいおい。あそこの人スゲー【どろよい】しちゃってるよ!」
B「何?どろよいって?」
A「何ってどろよいだよ!どろよい!」
B「もしかして【でいすい】じゃねーの?」
A「何だよでいすいって…」
B「だからぁー。【泥酔】って書いて【でいすい】って読むの!」

A「えっ!マジで?俺今まで間違えて読んでた!恥ずかし~!!」

で済むものを、安倍さんや赤城元農水相とかは、

A「【どろよい】とも読むんだよ!お前知らないの?」
B「はぁ~?読まねぇよ。」
A「絶対読むよ!俺辞書で調べたことあるし。」

とか素直になればいいのに、変に認めないタイプ。
よくいるよね~。周りにもこういう人。
そして人の間違いはバンバン指摘する。
プライド自意識過剰。

ちなみに自分が一番かかわりたくないタイプ。なんたってめんどくさい。
ていうか、安倍総理とかに限らず政治家ってこういう人多いかも。
というか、こういう性格が政治家向きなのかも。
でもウザイ

辞任しない理由がなんであれ、味方も辞めろという状況じゃ正しいとは言いがたいかも。
四面楚歌になる前に、なんとかしてほしいですね…。

| | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

朝青龍問題。「もし~なら」

少し前から、横綱朝青龍が全治6週間のケガなのにサッカーをして問題になり、
協会から「2場所(今年いっぱい)出場停止、謹慎処分」を受けました。

そして処分を受けた朝青龍はそれにより「急性ストレス障害」に。
しかし巡業部長からは「汗をかけば治る」と一喝。(これはヒドイ)

ここまでが今日までの「朝青龍問題」。
もう毎日のようにこのニュースが流れていて、重要なことを見失いそう。

まず最初に戻って、サッカー問題
全治6週間の診断にもかかわらずサッカーをしていたことで、
「夏巡業サボッてんじゃねーよ!」という批判が相次いで、
協会が処分を下したんですよね。

もしケガが本当なら、サッカーなんて出来るのか?無理だろう
例えサッカー出来たとしても、無理はせずに普通おとなしくするだろう。
でも朝青龍、ダイビングヘッドしてたぞ…。

そして、「モンゴル政府が無理を言って頼んだ」とはいえ、
ケガを押してその頼みに乗るだろうか?

いや、母国のためなら無理をしてでも乗るのかもしれない。
それでも、協会やら部屋やらに許可をもらってからが普通だろう。
(もらえないのを分かってて、黙ってたのかもしれないな…)
療養中の身なら。

とにかくこの時点では、朝青龍にも否があることは明確。
だから処分に至ったわけなんだけど…

どうも、最近のニュースを見ていると論点がずれてきている。

処分を受けた朝青龍はショックを受けて「急性ストレス障害」に。
医者は早急に治すためにはモンゴルへ帰国させたほうがいいと言う。
でも、協会はそれでは謹慎処分にならないから、日本で治療しろと言う。

ここで今賛否両論に。

確かに治療の為には一時帰国したほうが絶対にいいに決まってる。
でもそれでは謹慎という責任から逃げたことになる。
どっちも一理ある。ジレンマですね。

ただこれは解決法があります。
両方の意見を受け入れればいいだけ。

つまり、モンゴルで療養し復帰の目処がついたら、改めて日本で謹慎処分。

これでいいと思います。
ただこれでは不祥事直後の謹慎ではないので、ちょっぴり利子をつけてみるとか。
例えは悪いですが、国外にいる間は時効までの時間は止まっているみたいな。

でもこんな事より、もっと深刻なことがあります。

朝青龍は処分を受けてそのショックで「急性ストレス障害」になったんだよね?
ということは、逆を返せば「処分を受けるわけない」と思っていたって事?

巡業休むほどのケガなのに、無断で国へ帰ってサッカーやってれば、
誰だって「はぁ?」って思うはず。
「大きな地震があったのに、市長はゴルフをやっていた」とかと似てますね。

「横綱だから」という自信過剰っぷりが、
今回の急性ストレス障害を生んだのかも知れません。

とにかくこの問題を解決するには、
本人がなにかしらのアクションを見せないといけませんね。

もしこのまま来年の初場所に何事もなく出てきたら…
ある意味「横綱」。

世間では「引退しろ!」「横綱失格」「国へ帰れ!」とかきっつーい批判もありますが、
朝青龍は今、全治6週間でさらに精神疾患を患っているんです。
さらに謹慎、減俸とまさに身も心もボロボロ。

もう痛い目見てるんだから、そっとしといてやろう。

続きを読む "朝青龍問題。「もし~なら」"

| | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ